忍者ブログ
TW2:シルバーレインのキャラに関するページ。ピンとこなかった人は今すぐ戻った方が良いかと…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨が降る。
極光の中、銀色の雨が。

「…アニキ!」
 薫が言うまでも無く、アニキは空を見上げていた。まるで、銀の雨に心を奪われたかのように。
 ―刹那、襲来したゴーストを確認するが早いか、薫もアニキも白銀の刃を構える。
「…準備は良い?」
 いつでも、と言わんばかりに前に進み出るアニキ。背中を合わせるように、薫が向きを変える。
「…皆を守る。皆で…帰る!」

「…何じゃこりゃ」
 溢れるゴーストの群れ。何百、いや何千といるそれを見た鋼誠は、ただ震えていた。
 それは怒りか。或いは、昂奮か。
「………上等くれてんじゃねえぞ馬鹿どもが!」
 咆哮。そして、鬼面を被り直し、二刃を構える。
「人間を、来訪者を―生者を、馬鹿にしやがって。…全部まとめて、ふっ飛ばす!」

「…嘘」
 騒ぐ声。先に倒れ、眠りについていた姫香は目覚め、我が目を疑う。
 そして、痛みの走る己が身を呪う。
「…こんな時に!こんな時に、お役に立てないなんて!」
 滲む涙を、姫香は乱暴に拭う。後悔や恐怖まで、一緒に拭い去るように。
「―否。私にも、まだできる事はある筈…皆で、帰る為に!」

「……」
 曜子は、ただ空を見上げていた。金色の瞳が、銀色の雨を映す。
 ―コレが、私の人生を、狂わせたのかな―
「―後悔はしてないわ。この狐の力、最初は憎らしい程だった。でも―」
 機銃を仕込んだ、オリジナルの月琴。腕に感じる重みを確かめるように、抱え直す。
「―皆に出会えた。皆を守れる。皆と戦える。―全部、この力のおかげだもの」

・・・

成程。そうきましたか。
蛍月の状態は、多分今鋼誠君が一番近いです。
必ず。必ず、皆で、日本へ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ここの管理人
HN:
蛍月
性別:
男性
自己紹介:
このブログを管理する者であり、柚之葉・薫(b68352)と鬼頭・鋼誠(b70561)と眞我妻・姫香(b76235)と玉城・曜子(b76893)の背後に当たる人。大体男2人に滅多打ちにされてる。
※このブログで使用されるキャラクターイラストは、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、管理人『蛍月』が作成を依頼したものです。  イラストの使用権は管理人『蛍月』に、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/09 嘉凪さん家の後ろの人]
[05/19 背後の人]
[05/19 朔望]
ブログ内検索
リンク(別窓展開注意)
バーコード
P R

Copyright © [ 雪蜘蛛忍法帳 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]