忍者ブログ
TW2:シルバーレインのキャラに関するページ。ピンとこなかった人は今すぐ戻った方が良いかと…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人の神社の、大きな銀杏の木。
そこに、彼らは居た。

・・・

 龍に扮し、舞う少女。
 遠目に眺めるは、四人の来訪者。

「美しい舞ですね」
「ああ、だが力強い」
 木の枝に座る少女と、その上に立つ青年が言葉を交わす。
「太鼓も、壮大だね…」
「…全てが一つになって、素晴らしい舞です」
 木に寄りかかる少年と、その陰に隠れる少女が呟く。
「全てが一つに…か」
 ふと、青年が呟く。
 そして問う。
「『玉鋼の塗箱』の力の代償、覚えてるか?」
「『思考が硬直化すること』…所有者は新しく得た知識や情報を活用・伝達できず、古のしきたりや風習を、自らの生死すらも越えた絶対的なものとして尊ぶ…」
 答えるは木の上の少女。青年が、言葉を重ねる。
「…人は皆、心の中に『玉鋼の塗箱』を持っているのかも知れないな」
「自分と“違う”者を、理解できず…受け入れない…」
 引き継ぐ少年の言葉に対応するように、木陰の少女が口を開く。
「でも…中には、“それ”をも為す人たちもいる。その一つが、銀誓館」
 視線の先に、深々と礼をする少女の姿が見える。だが、彼らは動かない。
 彼らは、『訪れた者たち』にして『招かれざる客』なのだから。
「…銀誓館の力が…いつか、「全てが一つになる」日を招くのかね」
 青年の呟きは、下の三人の耳朶を微かに震わせ―冷たく澄んだ風に乗って、遠くへ消えた。

・・・

来訪者であるからこそ、越えられない一線がある。
来訪者であるからこそ、叶えたい望みがある。
来訪者であるからこそ―出来ることが、あるのかも知れない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 全儂が泣いた
お邪魔しまっす。
その舞ってたり太鼓叩いたり、礼してた子の親御です。

この度はご参加くださりありがとうございました。(深々と)
大事なお子さん方を遠慮なくお借りしましたーーー!
続きも頑張って書きますので、どうぞウチの子達をこれからもよろしくお願いします、本気で。(土下座)
嘉凪さん家の後ろの人 2011/01/09(Sun)22:31:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ここの管理人
HN:
蛍月
性別:
男性
自己紹介:
このブログを管理する者であり、柚之葉・薫(b68352)と鬼頭・鋼誠(b70561)と眞我妻・姫香(b76235)と玉城・曜子(b76893)の背後に当たる人。大体男2人に滅多打ちにされてる。
※このブログで使用されるキャラクターイラストは、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、管理人『蛍月』が作成を依頼したものです。  イラストの使用権は管理人『蛍月』に、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/09 嘉凪さん家の後ろの人]
[05/19 背後の人]
[05/19 朔望]
ブログ内検索
リンク(別窓展開注意)
バーコード
P R

Copyright © [ 雪蜘蛛忍法帳 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]